トコジラミ駆除がどうして重要かを調べてみよう

業者にお願いすることで徹底したトコジラミ駆除ができる

日本に再来したトコジラミ

トコジラミとは、吸血性の高い虫になります。戦後の日本で一度大流行し、その後絶滅したといわれていた個体ですが、海外へ頻繁に行き来ができるようになり、海外から持ち込まれ、再び日本で被害を拡大させています。

ランキングで分かる!トコジラミが好む場所

no.1

ベッドや布団などの寝具

トコジラミが最も多いといわれているのが、寝具とされています。ノミやダニと同じように、小さな体を持っているトコジラミは、奥深くまで潜り込んでしまうことが出来るため、簡単には駆除することができない場所ともいわれています。

no.2

絨毯などのつなぎ目や隙間

絨毯などのつなぎ目や隙間の中にも、小さな体で難なく侵入することができます。また、外から持ってきた際に、足元にある絨毯などは、落ちたトコジラミがそのまま住み着きやすい場所でもあります。

no.3

タンスや机などの家具類

トコジラミは基本的にはどこでも生活できる生命力の強さを持っています。そのため、家具類の隙間にも入り込みます。また、あまり目が届きにくい場所でも忍び込んでいることがあるため、注意しなくてはいけない点でもあります。

no.4

カーテンや障子のつなぎ目

飛ぶことの出来ないトコジラミですが、よじ登る力はとても強いです。そのため、カーテンや障子など高い場所にあるものにも、よじ登ることで到達することが出来ます。また、見立ちにくいすき間を見つけるのがうまいため、気付いたときには大所帯になっている事も多いです。

no.5

釘穴などの小さな穴

押しピンや釘などで開けた小さな穴は、トコジラミにとっては格好の住居になります。自分で巣を作る必要が無いため、そこに入り込み、居座ってしまうことが多いです。また、そこから壁の中に入られると駆除がとても難しくなります。

トコジラミ駆除がどうして重要かを調べてみよう

虫

トコジラミは人的被害がすごい

吸血性が高いトコジラミは、人間が吐き出す二酸化炭素や体温に反応して引きつけられます。また、夜行性のため、寝ている時に噛まれるケースが多く、噛まれると赤く腫れてしまい、激しいかゆみに襲われます。ひどい人だと、蕁麻疹が出てしまったり、発熱してしまうこともあります。そのうえ、噛まれた後は長い時間消えてくれないため、とても目立ってしまいます。

殺虫剤に強いトコジラミがいる

トコジラミ駆除に殺虫剤を使う人は多くいますが、最近日本で見つかったトコジラミの多くが殺虫剤への免疫が高い個体になっています。そのため、殺虫剤では駆除することができず、そのままさらなる被害を受けてしまうといわれています。また、これだけ強い生命力を持っている上に、繁殖力も強いため、驚異のスピードで数を増やしてしまうのです。

業者に頼んで駆除してもらうのが1番

殺虫剤に強いトコジラミですが、全ての殺虫剤が効かないわけではありません。しかし、素人では駆除が難しい壁の間に入り込んでいる場合は、どうしても限界があります。そんな時は、業者にお願いすることが一番賢い方法でしょう。業者は、これまでの経験からトコジラミの侵入する場所や好む場所を見つけて駆除を行うため、徹底したトコジラミ駆除が可能になります。

業者に依頼した人たちの声を聞こう

駆除剤を使っていたが解決しなかった

トコジラミを発見して、自分達で駆除剤を使っていたが効果がなかったために、業者にお願いしました。自分達と同じような駆除剤を使っているように見えましたが、成分が違うと説明を受け、最近のトコジラミは市販の殺虫剤では駆除しにくいと教えてもらえました。

作業のスピードがとても早かった

仕事の都合で海外に行くことが多く、その際に自宅に持ち帰ってきてしまったみたいでした。生まれたばかりの赤ちゃんもいたため、大至急業者さんにお願いしたら、見積もりから作業までのスピードがとても早くて、感謝しかありませんでした。